自己処理は様々なトラブルの原因

pixta_20250096_S

普段どんな風にムダ毛の処理をしていますか?

薄着の季節になってくると気になってくるのがムダ毛ですよね。
エステに行く時間もないからと、自己処理で済ませる女性も多いかと思いますが、自分でのムダ毛の処理には様々な肌トラブルの原因にもなりかねません。
自己処理というと、カミソリ・毛抜き・薬剤での脱色などの方法が主ですが、これらを多様していると乾燥肌の促進や色素沈着、肌の炎症を引き起こす可能性があります。

カミソリでの自己処理

すぐその場でパッと処理できてお手軽なのがカミソリでの自己処理です。
ですが、カミソリの刃は肌には刺激が強い場合が多く、肌の炎症に繋がりやすい方法でもあります。
カミソリで毛を剃った後、肌がヒリヒリしたりしませんか?
痒くなるという方も中にはいますが、それらの症状はカミソリ負けをしている可能性があります。

カミソリ負けは刃の刺激に肌が耐えられず、肌に赤いブツブツなどの炎症が起こる現象です。

カミソリで自己処理をする場合、刃が肌に触れないように石鹸やシェービングフォームをつけて行うことで肌への刺激を和らげることが可能です。
また、剃りにくくなっている刃で強引に毛の処理を行うことも肌への刺激となりますので、カミソリを定期的に買い換えることも忘れないようにしましょう。

毛抜きでの自己処理

一本一本抜いていく作業は途方もなく思えますが、カミソリのように剃り跡が目立たないですし手軽に行えるので自己処理の方法の中でもポピュラーな手段といえます。
ですが、毛抜きでのムダ毛処理は一番肌トラブルが多いことをご存じでしょうか?

毛抜きで無理やり引き抜く行為は毛穴の広がりの原因にもなるため、鳥肌のような状態になる場合があります。
また、広がった毛穴からバイ菌が入り込んで炎症を引き起こす可能性もありますし、抜けずに切れてしまった毛が皮膚の中に埋まってしまう埋没毛になる場合も。
毛抜きで自己処理をした後は、毛穴からバイ菌が入らないように肌を清潔に保つようにしましょう。

薬剤での自己処理

カミソリで剃る時に使用するシェービングフォームや市販で売っている脱毛クリームなどは刃による直接的な刺激はないものの、薬剤負けをして肌荒れの原因になる恐れがあります。
敏感肌の方は特にその可能性が強いため注意が必要です。

ムダ毛をちゃんと処理したいからと除毛効果の高いタイプを選んでしまうと、炎症になる可能性が高いようです。
薬剤で脱毛を行う際には、自分の肌質に合った物を選ぶようにして少しでも肌への刺激を抑えるようにするといいでしょう。
敏感肌の方専用の脱毛クリームも売られていますので、そちらを利用してもいいかもしれません。

自宅で手軽にできる自己処理は、様々な肌トラブルの原因になりえます。
行う際は十分に注意するか、思い切ってプロの方にお任せしてみるのも一つの手段として考えましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ