女性にも多い剛毛コンプレックスとその脱却法

剛毛はどれくらい?
体の毛が濃い、薄いなどと言いますが、特に濃い人は剛毛とも言われてしまいます。
そもそも、何を基準にして濃い薄いが決まっているのでしょうか。
全くないような人はもちろん薄い、しかしどれくらいあると濃いと呼ばれ、更にどれくらい増えると剛毛と呼ばれるのでしょう?

明確な基準がないからこそ余計に自分は濃い・剛毛だと悩む方が多いのではないかと考えられます。
誰かと比べて自分の方が多い、ボーイフレンドやガールフレンド、友人や家族に言われたなど、自分を剛毛だと思う人は、そう思うキッカケがあったのではないでしょうか。
自分がコンプレックスに思っていることを誰かに指摘されたらとても悲しいことですし、コンプレックスにも更に拍車がかかってしまいます。

pixta_13950213_S

どうにもならないコンプレックス

誰しも様々な悩みやコンプレックスを抱えていますが、体の悩みはとても深刻です。
望んでいないのに生まれ持ったことだったり、意図せずなってしまったことだったり、自分ではどうする事もできないことが多く、ましてや人には言いにくいという事が多々あります。
体毛に関しても、濃い人だけが悩んでいる訳ではなく、薄い人には薄い人の悩みがあります。
どうして自分ばかり・・・そう思う人も少なくないでしょう。

デリケートな悩みだからこそなかなか人に言うことが出来ずに深刻化し、どんどんコンプレックスの深みに嵌っていってしまうのではないでしょうか。

まずは相談しましょう

友人や家族、身近な人には言えないことも専門家に相談してみましょう。
体の事は体の専門家に、心の事は心の専門家に、体毛の事は体毛の専門家に、というように専門家に聞けば正しい答えが返ってきます。

現在、多くの脱毛専門サロンやクリニックが存在しています。
脱毛サロンと言うと高そう、勧誘されそう、本当に効果があるのか等、疑問や不安も少なくはありません。
しかし、脱毛サロンに行く人はみんな同じ悩みを抱えた方たちです。

体毛に関する悩みを持つ人を何人もカウンセリングし、どこをどうしたいのかヒアリングして、その人その人に合った脱毛プランを案内するスペシャリストがいます。

誰にも言えなかったことを話せるだけでも気持ちにゆとりが出てきますし、良心的な値段で試せるコースもたくさんあります。
無理矢理なくそうと自分で処理をしても、肌は傷付き、毛穴は開き、結果として更に濃く見えるようになり、悪化させてしまうことも少なくはありません。
そうならないためにも、最初の一歩を踏み出す勇気が必要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ